Event is FINISHED

「家族死生観」残された家族が生きていくために/ナース大会議

Description

最近、延命治療の中止が行なわれるようになっています。

10年ほど前は法律で許されなかったことが認められるようになり、
“救命に尽くす医療”が変わりつつあります。

また、がん患者が100万人を超えると言われています。

これだけ多くの人が残された命の宣告を受けるという非常事態は、私たち自身に何か問いかけられているような気さえします。
日本は多死社会に入り、急速に死が身近になると思われますが、心の準備ができている人がいるでしょうか。


✓怖くて考えられない
✓いざというときの話が家族でできない
✓余命宣告を受けたがどうすれば…
✓人はなぜ死ぬの?
✓死ぬってどういうことだろう?
✓自分ひとりじゃ決められない
✓親の最期を決めるのは荷が重すぎる
✓うちの親はあれでよかったのだろうか?
✓死に目に会えなかったことがずっと心に引っかかってる…


現代人が抱えるモヤモヤを
払拭するヒントがここにー

「家族死生観」
残された家族が生きていくために

*****************************************

あなたは親に万が一のことがあったとき、延命するかしないか決心できますか?
私たちは何を頼りに決断すればいいのでしょう?

江戸時代の日本人は世界で稀に見る健康体と、崇高な精神性を持つ国民でした。
日本人の素晴らしさは諸外国から理解し難い不思議なもので、外国人が書いた本などに記されています。

小さな島国である日本が、なぜこのような性質を持っているのでしょうか?

遡れば日本の倭の時代、邪馬台国に至ります。
その頃の日本は家族をとても大事にしており、争いごとがなく平和に100歳まで生きたと言われます。

日本人の生命力の根源は、もしかすると“家族思想”にあるかもしれません。



「家族死生観」
私は死を避ける看護師でした。
死の意味がわからず、怖くてたまらなかったのです。

ところが15年前父の死を経験し、死が怖いものではなくなりました。
それから親の死、介護、抗がん剤治療などの相談に、「家族死生観」をもとに考え対応してきました。

人は常に人間関係を伴っています。
とくに日本人は家族を心の拠り所とし、価値観や人生観は家族の影響を強く受けます。

そんな私たちが最期の最期に考えるのは何…?
自分のことを考えるでしょうか…?



「亡くなった人にしか伝えられないことがある」
この言葉が気になる方は、ぜひご参加ください。

あなたのモヤモヤを解決するヒントがきっとあります。
そして、いざというときの心の準備が少しずつ可能になるでしょう。

最期の瞬間まで、家族がみな心穏やかに過ごせるように…
悲しみを越えて力強く生きていけるように…

残された家族が生きていくための「家族死生観」です。

*****************************************

ー 開催情報 ー

【講演】
現役看護師僧侶 玉置妙憂さま


・2018年ナースサミットご講演
・2019年NHKクローズアップ現代ご出演
著書を購入できます(午前中のみ)


【日時】
2019年6月22日(土)9時30分~17時

【会場】
赤坂インターシティコンファレンス
所在地 | 107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F
銀座線南北線「溜池山王駅」直結
千代田線丸ノ内線「国会議事堂前駅」直結
日比谷線「神谷町駅」徒歩10分

【参加費】
¥10,000(軽食付き)

◆特別チケットについて◆
企業さまより協賛をいただき、特別チケットでご参加可能になりました。
¥5000で申し込みできます(先着25名様)

*****************************************

【タイムスケジュール】

09:30 開会
09:40 看護師体験談スピーチ
09:50 介護士体験談スピーチ
10:00 一般者体験談スピーチ
10:10 玉置妙憂さま講演
11:00 ディスカッション
11:45 代表者体験談スピーチ
12:30 ランチタイム
13:30 ワークタイム
16:30 アンケート記入
16:45 閉会

※順序・内容は変更になることがありますのでご了承ください。



■名前を伏せたい方は当日ニックネームでご参加ください

■チラシを配布したい方は9時30分までに受付にご持参ください

■ご自身の活動を紹介したい方はランチタイムにスピーチできます
(1人3分程度、当日受付まで、先着10名)


●アンケートにご協力ください●
ナース大会議では、今後もさまざまな課題について意見交換を行い啓蒙する所存です。
ご理解・ご協力をお願いいたします。


●懇親会のお知らせ●
会場1Fにて懇親会をご用意しています。
参加チケットと一緒にお申し込みください。

              

〈場所〉
カジュアルイタリアンbondolfi boncaffe(ボンドルフィ ボンカフェ)
赤坂インターシティAIR内

〈時間〉
17:30〜19:30(途中退席自由)

〈料金〉
3,000円



プロジェクト担当/Wellnessナースより皆さまへ

5月1日「令和」に変わりましたね。
時代変遷の幾を迎えたと言えるのではないでしょうか。

戦争で多くの人の命を失い、復興を目指す再建の時代が終わろうとしています。
一方で医療の躍進により、本来なかった苦悩が生じています。

死生観は一つの答えがあるわけではなく、
ひとりひとりの観じ方があって然るべきだと思います。

だけど判断するための指標がなければ、決断できない。
大切な命のことだから。共に考えましょう。

皆さまのご参加をお待ちしております。








●お申し込み前に必ずご覧ください●
イベント参加同意規約


●キャンセルポリシー●
お支払い方法はクレジットカード/コンビニ/ATMです。
6月1日以降はキャンセル料100%申し受けます


プロジェクト担当
Wellnessナース代表/竹内ゆかり、久下渚、上田貴子

主催:日本ナースオーブ
代表/山咲凛子
事務局/有川華凛
Mail:info@nurseorb.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#442692 2019-06-11 08:26:19
More updates
Sat Jun 22, 2019
9:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(昼食付き) SOLD OUT ¥10,000
懇親会 SOLD OUT ¥3,000
特別チケット(昼食付き) SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
港区赤坂1丁目8−1 Japan
Organizer
日本ナースオーブ
28 Followers

[PR] Recommended information